FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カツノリ

Author:カツノリ
宮城県仙台市在住。'69年6月14日生まれ。A型。
職業/イラストレーター。
   (●イラストレーターズ通信会員http://www.illustrators.jp/
   ●東北イラストレーターズクラブ会員http://www.illustrons.com/)
   専門学校講師
趣味/・クルマ、バイク、
    チャリンコなど
    乗り物転がし。
   ・できるかどうか本人も
    不安な日曜大工モドキ。
特技/サソリ固め、
   雪崩式ブレーンバスター
好きな食べ物/カツ丼、
       チーズケーキ
       黒豆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

沖縄で購入した絵本『ひめゆり』。沖縄『慰霊の日』に見返してみる。

2016.06.25 00:20|イラストレーション
2_201606250012042dd.jpg

昨年秋、沖縄に行ったときに立ち寄った『ひめゆり平和祈念資料館』で一冊の絵本を購入しました。
『ひめゆり』というタイトルで沖縄戦を描いた絵本です。

今では沖縄戦の悲劇を代表する学徒隊として名を知られたひめゆり学園。防空頭巾をかぶり学徒として陸軍病院壕で献身的に働く姿を思いうかべる人は多いと思います。忘れてはいけない戦争の記録を絵本というカタチでお子様にも読み易く描かれています。

本の売上げが資料館の運営の助けにもなるとのこともあり購入しました。
青春を謳歌し勉学に励む生徒たちの姿が、優しく柔らかいタッチで描かれているのですが、残酷な戦争中のシーンも描かれた内容です。絵を描かれた作家さんはどのような思いで筆を持ったのか、、。絵を生業にするものとして、そのときの作家さんの心境を考えると完成までの行程は決して容易なものでは無かったことが想像できます。

昨日6月23日は沖縄『慰霊の日』。絵本『ひめゆり』を見返すと風化させてはならない歴史が描かれていることを深く感じました。

1_201606250012415d7.jpg

2011年06月発行
ひめゆり平和祈念資料館 文
三田圭介 絵
(公財)沖縄県女師・一高女ひめゆり平和祈念財団 刊
A4判ハードカバー/ 40ページ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント